…が好き!

2007年03月08日

文房具:プラチナ万年筆−Preppy(プレピー)PPQ-200

近はパソコンの普及で文字を書くことが少なくなった人も多いと思います。

自分は悪筆のため紙に書くのが苦手、嫌いで、会社にパソコンが入ってからは
ずっとそれを使うようにしていました。

が、日記的なものやメモ書きなど、人に見せないようなモノは極力手書きで各様にしています。
なんか手書きだとその文章に愛着がわくんですよね。

あとで読み返したりするのも、パソコンで打ち込んだ文章より。メモを見ることが多いです。

そんなわけで筆記用具にもこだわっています。といっても高級品を買うわけではなく、
文房具屋やコンビニなどで購入できる安いモノですけどね。

そんな自分が発売を待っていたのがプラチナ万年筆から発売されたPreppy(プレピー)万年筆PPQ-200です。

これは、たまたまネットサーフィン中に見つけた記事の中で紹介されていたのですが。

安いけどペン先は高級品と同じペン先を使っていて。
書き味が良いと書いてあったので、期待していました。

近所の文具店にも入ったので早速購入して使っていますが。
たしかに書き味が良いです。
今までも安い万年筆は使っていたのですが、紙とのこすれ具合が今までのモノより良い感じです。

万年筆の良さって適度な紙とのこすれ具合ですよね。

書いているときの「音」と「感触」がとても気持ちいいです。

このPreppy(プレピー)はプラチナ万年筆のエコロジーシリーズの一つで、
ボディーを他のペンと同じにする事で価格を抑えているそうです。

しかし、安いと言っても使い切りタイプではなくてインクを買ってくれば、ずっと使えます。

色もブラック・ブルーブラック・レッド・ピンク・イエロー・グリーンの6色でとてもカラフルです。

自分が店に行ったときも中学生の女の子が何色かまとめて買っていきました。
大人は万年筆というとちょっと堅いイメージがある人も多いと思いますが。
彼女たちにとっては単なるカラフルな筆記具でしかないのかもしれませんね。

ちなみにお値段一本210円です!
自分もブラック・ブルーブラック・レッド・グリーンの4色を買ってきました。
しばらくは手書きに夢中です(^^)

プラチナ万年筆
http://www.platinum-pen.co.jp/

製品情報:Preppy万年筆PPQ-200
http://www.platinum-pen.co.jp/products/fountain/fountain11.html#PPQ-200/

参考記事:ITmedia
210円でも書き味は本格派「プレピー万年筆」
プラチナ万年筆は、210円の万年筆「プレピー万年筆」を発売する。
低価格ながら、ペン先には高級万年筆に使われるイリドスミンを採用した。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0702/02/news091.html

posted by ながれぼし at 21:22| Comment(0) | TrackBack(2) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。