…が好き!

2007年01月30日

インターネット:目指せ!バーチャル金持ち父さん!?

 近インターネットのニュース記事を見ていると、
「Second Life(セカンドライフ)」という文字をよく見ます。

最初は、ん?別荘とかそんな話かな?と思っていたのですが、
良く読むとネット上での仮想世界での話でした。

あれ?そんなの最近はウジャウジャあって、特に目新しいこと無いじゃん!
っと思ったのですが、どうやら徹底的な世界観のこだわりと、使いやすさが
人気になっているようです。

ユーザー数は100万人くらいで、同じようなオンラインゲームと比べると
特別多くは無いそうです。

しかし現実的な設定が受けて、いままでオンラインゲームなどに興味を
示さなかった人が参加していて、実際の企業がネット上のビジネスモデルを
探るために、Second Life内に支店を作ったりしていて、お遊びを超えた
動きがあるようです。

今年は日本語版も登場するようなので、今からチェックしておきたいですね。


このSecond Life(セカンドライフ)に関して、CNET Japanに、こんな記事が
ありました。

「Second Life不動産王とDMCA違反申し立ての舞台裏」
 2006年12月、仮想世界「Second Life」の不動産王Anshe Chung氏が
米CNET News.comのインタビューに登場し、Second Lifeの内幕を語った。

CNET Japan
http://japan.cnet.com/interview/media/story/0,2000055959,20341332,00.htm

詳細はリンク先を読んでいただくとして。

この不動産王のAilin Grafさん(アバター名Anshe Chung)が、現在発売中の
「COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)」の028号に載っています。

この記事は「Second Life(セカンドライフ)」に参加している人の写真と
アバターの写真を比べて載せています。

しかし、男ってなぜ女性キャラを使うんでしょうね?(^^)いわゆる
ネカマ願望が強いのかな?

思わずつっこみを入れたくなる人もいます。(爆)

この手のコンテンツは古くはニフティーもやってたけど(名前忘れたハビタット)
最近のパソコンやプログラム技術の向上でかなり「現実的」になっている
ようですね。

”宇宙船”で暮らしてみたいなぁって思いました。

余談:この「COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)」に掲載されている
写真は5月に写真集として発売されるそうです。
日本でも「Second Life(セカンドライフ)」の盛り上がり次第では同じ企画で
発売されそうですね。
タイトル:Alter Ego
写真:Robbie Cooper

関連サイト情報:
【日本語サイト】
CNET Japan
http://japan.cnet.com/

Second Life(JP)
http://secondlife.com/world/jp/

MagSL NET(セカンドライフを楽しむウェブマガジン)
http://magsl.net/

COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)」
http://moura.jp/scoop-e/courrier/


【英語サイト】
Second Life(US)
http://secondlife.com/

Linden Lab社(Second Life開発元)
http://lindenlab.com/


追加訂正:Second Lifeの登録数は今は200万人を超えているそうです。(^^;

=================================
COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)面白いですよ!
年間購読してます(^^)
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2007年 2/1号 [雑誌]
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2007年 2/1号 [雑誌]

posted by ながれぼし at 01:28| Comment(0) | TrackBack(1) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クーリエ・ジャポンの記事
Excerpt: クーリエ・ジャポン(COURRiER Japon)という講談社発行の雑誌がある。 2007/2/1号の表紙にセカンドライフに関する特集を本屋で見つけ、開いた瞬間、唖然とした。びっくりして思わず買いま..
Weblog: SL Research
Tracked: 2007-02-01 08:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。